09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

不労所得で生活できるのか?

「ぽちっとVT」サポートサイト!でも最近はDLL+EAで自動化が多いです。 夢の自動集金マシン(?)は存在するのか・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【チャンピオンシグナル】自動化への道(その3) 

【チャンピオンシグナル】自動化への道(その2)の続き

■ぽちっとVTのセットアップの続き

「ぽちっとVT」が起動すると次のメッセージが表示されます。

champion

「OK」ボタンを押してこのダイアログを閉じましょう。

ライセンスキーを取得してレジストするとこのメッセージは表示されなくなります。

未レジスト状態では「ぽちっとVT」の起動後、24時間経つと「ぽちっとVT」は自動終了するため、

毎朝とか毎夕とかに「ぽちっとVT」を起動する様にして下さい。

チャンピオンシグナルの配信時間は20時~25時なので、遅くとも19時には

「ぽちっとVT」を起動する様にして下さい。

champion

「共通」タブの「VT設定」、「CT設定」、「MS設定」、「シグナルオーダー」、「Royal5FX」、

「FXバランサー」の各チェックボックスをOFFにします。

champion

「メール送信」タブの「シグナルメールを送信する」チェックボックスをチェックします。

 SMTPポート:587
 SMTP認証:ON
 SMPTホスト:smtp.mail.yahoo.co.jp
 ユーザID:あなたのYahoo!ID
 パスワード:あなたのYahoo!IDパスワード
 POP3ホスト:pop.mail.yahoo.co.jp
 From:あなたのYahoo!メールアドレス
 To:あなたの携帯のメールアドレス

以上を入力します。

ここでメール受信のテストをします。

上のFrom:に入力した「あなたのYahoo!メールアドレス」にメールソフトから

テストメールを送って下さい。件名、本文ともに何でも構いません。





メールを送信したら、「メール受信」タブの設定を行います。

champion

「指示メールを受信する」チェックボックスをチェックし、

「受信ボタン」を押して受信テストを行います。

champion

「メール送信」タブに入力したYahoo!メールの情報に誤りが無ければ、

先ほど送ったテストメールを受信するはずです。

「受信メールがありませんでした。」というメッセージが表示された場合、

設定ミスか、Yahooメールサーバーが不調でメールが届かない事が考えられます。

Yahooメールにログインして、受信箱にテストメールが届いているか確認してください。

「受信メール」ボタンを押すといつでも受信メール内容を確認できます。

champion

続いて「チャンピオンS」タブの設定を行います。

champion

「チャンピオンシグナルのメールでオーダーを実行する」をチェックします。

MT4 filesフォルダ1の点点点ボタンをクリックしてMT4インストールフォルダの中の

expertsの下のfilesフォルダをクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

あなたが選択したブローカーによっては「MT4を起動、終了させる」チェックボックスをONにする必要があるかもしれません。

MT4を起動しっぱなしにしても、自動ログアウトされないブローカー(FXDD等)なら

問題ないのですが、FOREX.com等は一定時間で勝手にログアウトしてしまうため、

いざ発注と言うときにポジれないという悲しい結果になります。

「MT4を起動、終了させる」:ON→MT4は終了させておく(必要なときにぽちっとVTが起動させる)

「MT4を起動、終了させる」:OFF→MT4は常に起動させておく

として下さい。

ただし、「MT4を起動、終了させる」:ONの時はMT4起動後、自動ログインを待つため、

すぐには発注は行われません(30秒間ウエイトしています)。





「監視開始」ボタンをクリックすると「ぽちっとVT」は最小化し、

タスクトレイに監視中アイコンが表示されます。



続く・・・
スポンサーサイト
2011/06/25 Sat. 12:58 | trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。