09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

不労所得で生活できるのか?

「ぽちっとVT」サポートサイト!でも最近はDLL+EAで自動化が多いです。 夢の自動集金マシン(?)は存在するのか・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

「新・外国為替で稼ぐ高勝率のFX投資法 」をEA化 



メルマガ「外国為替で稼ぐ高勝率のFX投資情報」の配信を受け、こちらの方法で自動化していたのですが、

ロジックを公開した商材が販売されていたので購入してみました。

エントリー、決済ロジックは割と単純で多少アレンジしてEA化しました。

prfx

EA(AudNzdR1.ex4)はインフォカートの特典ダウンロードから入手してください。

【設定方法】
AudNzdR1.ex4をMT4フォルダ\expertsにコピーします。

MT4を起動し、AUDJPY、NZDJPYのチャートを開きます。

タイムフレームは30分にします。

ナビゲータウィンドウのExpert AdvisorsツリーからAudNzdR1をAUDJPYのチャートにドラッグ&ドロップします。

※NZDJPYのチャートにはEAをセットしませんが、表示はさせておいてください。

・パラメータの詳細。()内は規定値です。

//1回の発注ロット数、0.01は千通貨単位
AudLots(0.01)
NzdLots(0.01)

//最大エントリー数、AUDJPY・NZDJPYペアで1エントリーと数える
MaxEntry(10)

//最低オーダーインターバル(時間)、エントリー後この時間経過するまでは
//エントリー条件が揃っても再エントリーしない
IntervalHour(12.0)

//trueにした時、強制的にポジションメイク、但しMaxEntry、
//IntervalHourの設定が優先される
ForceOrder(false)

//エントリー閾値1(小さいほどエントリーしやすい)
Threshold1(20)

//エントリー閾値2(大きいほどエントリーしやすい)
Threshold2(5)

//エントリー閾値3(小さいほどエントリーしやすい)
Threshold3(30)

//通貨ペア名の先行文字列、xxxAUDJPYのxxxの部分
CurrencyPreString

//通貨ペア名の後行文字列、AUDJPYxxxのxxxの部分
CurrencyPostString

//許容スリッページ、変更不要
Slippage(3)

//マジックナンバー、変更不要
MagicNumber(6342988)

//リミットpips数、AUDJPY・NZDJPYペアで計算しこの利益に達したら自動決済
TakeProfitPips(30)

//ストップpips数、AUDJPY・NZDJPYペアで計算しこの損失に達したら自動決済
StopLossPips(300)

//チャートの白インジを表示するかどうか
Draw720MidDiff(true)

//チャートのオレンジインジを表示するかどうか
DrawMA25Diff(true)

//チャートのピンクインジを表示するかどうか
DrawCloseDiff(true)

//オーダーをオープンしたときにMT4からメールを送るかどうかの設定
//※MT4のツール-オプションでE-メールを有効にし、SMTPを設定する必要があります。
OrderOpenMail(false)

//オープン時のメール件名
OrderOpenMailSubject(AudNzdR1 Order Open)

//オーダーをクローズしたときにMT4からメールを送るかどうかの設定
OrderCloseMail(false)

//クローズ時のメール件名
OrderCloseMailSubject(AudNzdR1 Order Close)

//trueならデバッグ用メッセージを表示
Debug(false)


デフォルトの設定で1日あたり0~2ペアのポジションを保有します。

必要証拠金については、含み損を抱えることも多いので0.01ロットあたり300,000円程度が必要です。

ロジックが機能するためにはチャート上に2000本以上の足が表示されている必要があります。

青いインジケータはMA25でこれ自体には意味は無く、

他のインジケータ(白、オレンジ、ピンク)の相対位置を知るための基準点です。

・白インジ
青インジより上にあるほどエントリー条件が良い事になります。

・オレンジインジ
青インジより上にあるほどエントリー条件が良い事になります。

・ピンクインジ
青インジから乖離すればするほど相関が崩れている事になります。

※各インジが表示されない場合はチャートを左にスクロールし、価格データを取得した後、MT4を再起動してください。

いつも応援ありがとうございます。m(__)m
スポンサーサイト
2013/03/04 Mon. 11:14 | trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。