09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

不労所得で生活できるのか?

「ぽちっとVT」サポートサイト!でも最近はDLL+EAで自動化が多いです。 夢の自動集金マシン(?)は存在するのか・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【ポイントシグナルFX】「ポイントシグナルFX」を自動化するEA! 



今月、お試しで受信しているポイントシグナルFXを自動化するEAです。

エントリー、ポジション調整、決済メールの動作を確認してから公開しようと思っていたのですが、

配信の性質上、なかなか全てのパターンのメールか来ないので確認できません。

とりあえずエントリーは確認できたので公開しようと思います。

今回も「ワンタイムFX ライト」同様、「RcvPop3Mail1.00」を使って自動化します。

EAはmq4ソースで公開するので、自由に改造することができます。

【用意する物】
【PR】スプレッドの狭いMT4口座【pepperstone】
・メールアカウント(ご希望の方には発行します!詳細は後述)
「RcvPop3Mail1.00」
PointSignal.mq4

【設定方法】
1,RcvPop3Mail.zipのRcvPop3Mail.dllをMT4フォルダ\experts\librariesにコピー
2,RcvPop3Mail.zipのnkf32.dllをMT4フォルダにコピー
3,RcvPop3Mail.zipのBsmtp.dllをMT4フォルダにコピー
4,PointSignal.mq4をMT4フォルダ\expertsにコピー

これで以下のようなファイル配置になります。
MetaTrader4フォルダ(terminal.exeのあるフォルダ)
  │ nkf32.dll
  │ Bsmtp.dll
  └─experts
    │ PointSignal.mq4
    └─libraries
       RcvPop3Mail.dll

5,MT4を起動しチャートを開く(通貨ペア、タイムフレームは何でも可)
6,ナビゲータウィンドウのExpert AdvisorsツリーからPointSignalをチャートにドラッグしドロップ



7,「全般」タブの「Allow DLL imports」にチェックを入れ、「Confirm DLL function calls」のチェックをはずす



8,「パラメータの入力」タブのLots、受信メールアカウント等を変更し、OKボタンをクリック



※パラメータの詳細。()内は規定値です。

//1回の発注ロット数、0.01は千通貨単位。エントリーしない通貨ペアは0.0にする。
USDJPYLots(0.01)
EURJPYLots(0.01)
EURUSDLots(0.01)
GBPJPYLots(0.01)
GBPUSDLots(0.01)

//許容スリッページ、変更不要
Slippage(3)

//マジックナンバー、変更不要
MagicNumber(3521934)

//通貨ペア名の先行文字列、xxxUSDJPYのxxxの部分
CurrencyPreString

//通貨ペア名の後行文字列、USDJPYxxxのxxxの部分
CurrencyPostString

//メール受信POPサーバ名、yahooならpop.mail.yahoo.co.jp、要変更
MailHost(m2.xrea.com)

//メール受信ユーザID、yahooならxxxxxx@yahoo.co.jpのxxxxxx部分、要変更
MailId(???????@yukipro.info)

//メール受信パスワード、要変更
MailPass(??????)

//メール受信間隔、秒単位、あまり短くするとサーバーに迷惑です
MailReceiveIntervalSec(60)

//メールを保存するサブフォルダ名、MT4フォルダ直下に作るメールボックス用フォルダ
MailFolder(PointSignalMailBox)

//この日数経過したらメールボックスからメールファイル(ローカルファイル)を削除する
MailSaveDays(100)

//受信メールの送信元にこの文字列が含まれる時オーダーする、変更不要
MailFrom(※迷惑がかかるかもしれないので非公開、EAのプロパティ参照)

//受信メールの件名に以下の文字列が含まれている場合にオーダーする
SubjectKeyword(★ポイントシグナルFX)

//オーダーをオープンしたときにMT4からメールを送るかどうかの設定
//※MT4のツール-オプションでE-メールを有効にし、SMTPを設定する必要があります。
OrderOpenMail(false)

//オープン時のメール件名
OrderOpenMailSubject(Onetime Order Open)

//オーダーをAutoCloseでクローズしたときにMT4からメールを送るかどうかの設定
OrderCloseMail(false)

//クローズ時のメール件名
OrderCloseMailSubject(Onetime Order Close)

//trueならデバッグ用メッセージを表示
Debug(false)


9,Expert Advisorsボタンを押し込まれた状態にし、ニコニコマークを確認



※受信メールアカウントの設定が誤っているとMT4のExpertsログに以下のメッセージが表示されます。


※PointSignal.mq4は複数のチャートにセットしないでください。誤動作の原因になります。
 メールには複数通貨のオーダーが記載されている事がありますが、1つのEAが全てのオーダーを賄います。

【メールアカウント発行について】
フリーメールだと何かとトラブルが多くサポートにも影響するので、

ポイントシグナルFXのご購入特典として

自動売買用のメールアカウントを無料で発行させて頂きます。

ご希望の方は以下の情報を左のメールフォームからお知らせください。

・インフォカートの受付番号(14*****の様な6桁の数字)
・ご希望のアカウント名(英数小文字で6文字以上、英字で始まり2文字以上数字を入れる)
・ご希望のパスワード(英数6文字以上)


発行するメールアカウントはxxxxxx@yukipro.infoという感じになります。

いつも応援ありがとうございます。m(__)m
スポンサーサイト
2013/03/12 Tue. 10:02 | trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。